短期間で5キロダイエットはダメ?簡単に体重を落とす方法の注意点

daiet08

短期間でのダイエットはリバウンドに注意!

腰回りなど痩せにくい場所のダイエットをしようと思うと、
できるだけ短期間でやせたいと思うのは、
多くの人が同じだと思います。

私も昔は、ダイエットをするときはいつも口コミで聞いた
短期間で体重を落とすダイエットばかりやっていました。

すぐにやせることができるほうがいいのは当然です。

ダイエットは苦しかったり、我慢したりするわけですから、
サプリなど簡単な方法で、できるだけその苦痛を短くしたいと
考えるのも無理もないことだと思います。

短期間のダイエットは、短期間の我慢でいいんだと
思いながらやりますから、思っている以上に
がんばることができてしまいます。

短期間なら苦しい食事制限や運動もがんばれるんですよね。

そして、けっこう目標を達成できてしまうことが
多いのではないでしょうか。

しかし、苦しみに耐えて、やっと目標を達成した後は、
我慢していた反動でたくさん食べてしまいます。

たったの一日で元の体重に戻ってしまう
ことも少なくないと思います。

短期間でのダイエットの多くは、厳しい食事制限をしたり、
断食したりするものが多いと思います。

このようなダイエット方法をしてしまうと、
人間が持つ「飢餓に備えろスイッチ」
入ってしまうと言われています。

この「飢餓に備えろスイッチ」が「オン」になってしまうと、
もう駄目なのです。

人間の意志ではおさえることのできないほどの食欲が湧いてきたり、
ダイエット前と同じ量の食事をしたとしても、
以前より体に吸収する割合が多くなっていたりするのです。

つまり、体に脂肪をためこむ割合が増えてしまうのです。

こうなると、「リバウンド一直線」で、ダイエットを始める前よりも
5キロ増えたり、今まで以上にウエストに肉がついたり
してしまうことになるのです。



一押し記事一覧