短期間ファスティングダイエットの3日間でのやり方やその効果とは

ダイエットのためにファスティングをしてみましょう
私達の体の中では食べ物をとると栄養にしようと体の中ですごいエネルギーを使っています。
野菜

しかしファスティングなど食べ物を摂取しないとエネルギーは免疫、抗体、組織を再生するために使われます。そうすることにより代謝が上がり、結果体重を落とすることにもつながると考えられると言うことになります。

ここで言うファスティングで体重を落とす方法とは体質改善をして太りにくい体を作ってくれると言う認識のファスティングダイエットやり方です。

そのうえ、ストレスや偏向した食生活により便秘を引き起こし、処理しきれない排出物が腸内で溜まっていっているもの、すなわち「宿便」も解消できるようになります。

そうなることにより腸内がきれいになり、血液もサラサラになり、痩せやすく太りにくい体作りができることになります。

ファスティングのやり方ですが1~2日食べ物を摂らずに水分だけで過ごすようにしたいと考えます。酵素ジュースや紅茶や野菜ジュースなど糖分がないものを極力選択したいと考えます。

あまり無理をせずにできる範囲から徐々に何回も定期的に実行するのがよろしいのではないかと思われます。
そのうえ、独り暮らしの方は何かあったらリスクなので時間があるかたは3日間、時間のない方はファスティング期間を1日にするなど短期間にするのがいいと考えます。

ファスティングダイエットをするときには事前準備の日、ファスティング本番の日、ファスティングからリセットする日と言うように3段階、3日間に分けるようにすると体や精神的に無理がいくことをが少なく、より効果が出やすく実践することができることになると言えるでしょう。

要は気持ちの持ちようだと考えます。しっかりダイエットしようと思うときちんとできると考えます。頑張って気軽にやれるんだという意識でやってみましょう。

週末3日間での短期間ファスティングダイエット

ファスティングというのをやってみたいけど、やり方が分からないのと、やるとなっても通常の日じゃ出来ないんじゃないかと思う人も大部分と考えます。

普通のサラリーマンの人だと、可能であるのが土日しかないと思っている人も大部分と考えますが、ここでファスティングとしていいのが週末を利用して実行するファスティングです。金曜日、土曜日、日曜日の3日間の短期間でファスティングダイエットをしてみるのです。

1日目:金曜日
ファスティングを始める前準備の日ということで朝、昼は普通に摂取し、夜をいつもより少なめに食事をとるようにしたいと考えます。
この前準備の日を実行することによって体にファスティングをするということを教えてあげるのです。

2日目:土曜日
ファスティングの日ですが、まったく飲まず食わずというのは体には逆にリスクです。ですから、空腹を紛らわせるために酵素ジュースやしょうが紅茶などを飲んでおきましょう。野菜ジュースも市販の物は意外にカロリーがあるので、摂取しすぎには気をつけることするといいでしょう。そのうえ、何もせずに一日家にいると食べ物のことばかり考えてしまうことも考えられることもあるのですので、軽いトレーニングをしたり寝てみたり好きなことをして一日を過ごするといいでしょう。
ジュース
3日目:日曜日
ファスティングの最後の日はリセットする日として、朝食は体がびっくりしないようにおかゆなど消化がいいものを食べましょう。このときも早く口にしないでゆっくり食べるようにするといいでしょう。昼食はいつもの半分の量にするといいでしょう。
夜は普通に食べるようにするといいでしょう。しかし食べすぎはよくないのです。せっかく小さくなった胃も元に戻ってしまいます。よく噛んでゆっくり食べるように心がけてください。

ファスティングの効果
ファスティングの効き目として期待できるものに、胃・腸・肝臓などの内臓器官を休ませてあげて正常な状態にリセットさせると言うものがあるのです。

今の食生活などを見てみると、野菜をあまり摂取しなかったり、高カロリー・高たんぱく質中心の食生活だったり、高脂肪・高糖分の食べ物を摂取したりと体にあまりいいとは言えません。そのうえ、食べる時間帯も朝昼晩以外に食べたり、夜遅くに食べたりと不規則になりがちです。

こう見てみると、体重を落とすことをするにしても健康になろうとしてもこういう食生活は悪影響を及ぼすと言うことが分かると考えます。
夜食を食べてしまうのがこの中でも特に悪くて、夜食を食べると胃腸が食べ物を消化しようとして働きます。それは寝ている間でも働き続けますので疲れますよね。で、休む間もなく朝食が体の中に入ってくるのでまた消化しようとして働きます。これを昼食、夕食と続きますので胃腸はとにかく休む暇がないのです。

働き続けると疲れてしまいますので、結果体が悪くなることを引き起こしてしまうことも考えられることがあるのです。そうなるとうかうかできないですよね。

ですから、そうならないように胃腸を適度に休ませてあげるようにするといいでしょうそのやり方こそがファスティングなのです。食べ物が胃腸に入らないと胃腸は活動しませんので、疲れた胃腸を癒し、リセットに向かって休みます。そうすることにより健康にもダイエットにも効き目を発揮するようになります。

だからたまには短期間でいいのでファスティングダイエットを行動し、内臓を十分に休ませてあげるようにすることが大切です。



一押し記事一覧