短期間ファスティングダイエットの体重を落とす以外の効果

ファスティングをして変わる体のこと

ファスティングダイエットをするとどういう体への効果が起こるのでしょうか?

腸とか内臓の働きが弱まると、血中に消化できないものが入り込んでしまい血液がドロドロになってしまいます。そういう状態になると自然治癒力というものが低下してしまうことも考えられることがあるのですので、体が悪くなることになりやすくなったり太りやすくなったりという体質になってしまうときがあるのです。

これをファスティングダイエットを実行して解消させようということなのですが、ファスティングを達成させるためには、腸内の酵素を増やすようにする、腸内にある宿便を排出する、腸内環境を整える必要があるのです。

血液がドロドロになるその意味するところとしては、食べ物を食べ過ぎたり脂っこいものばかり食べたりすると、小腸で食べ物を消化・分解するのに、細かく分解しきれなかったりして血中に不純物として残り、血液をドロドロにしてしまうということです。血液というのは本来、サラサラの状態であり、不純物を血液の力で体の外に排出するという力を持っていますが、血液がドロドロだとそのパワーが減少してしまいます。

それならば、この消化・分解というのはいったいどういうことかと言うと、腸内にある無数の酵素が食べ物を消化分解し血液をサラサラにしてくれるということになりますが、その結果血行不良がなくなり、冷え性や肩こりも起こらないといわれています。しかし、酵素のパワーが衰えると正常に働きしなくなってくるために、消化・分解できなくなるので体調不良を引き起こすということになります。

これはファスティングダイエットを実行することにより解消効果が期待できるということも考えられることがあるのです。

内臓をリセット効果
ファスティングというのは、キーワードとしては聞くけれどもいったいどういう効き目があるのでしょうか?そのおすすめポイントをちょっとご披露してみたいと考えます。

近年の生活環境においてストレス過多や栄養のバランスが偏った食事生活をしているために、人間本来の自然治癒力というのが低下していることも考えられることがあり、その結果体が悪くなることをしてしまうときがあるのです。

そこで、ファスティングダイエットをおすすめしたいのですが、ファスティングというとスタンダードには短期間ダイエットのやり方として考えられることが大部分とは思うのですが、体にとっていいという意味での短期間のプチダイエットの効き目としては内臓の状態を休め、リセットさせ、結果、健康に持っていくということを目的としたファスティングダイエットのやり方です。

このファスティングというのは無理をせずにできるし、自らの生活のペースを乱すことなく可能であると考えますので、無理なく実践していくようにすることをおすすめしたいと考えます。

体が弱っているときというのは食事をしたくないですよね。そういうときって体も胃腸も弱っているので無理に食べ物を入れてしまうと消化不良になってしまい逆に体によくないのです。そういうときって脳が食べてはいけません。胃腸を休めなさいというように指令を出しているからかもしれませんね。
でも、胃腸を休めることによって体調もリセットしてくれるのでいいことだとは考えます。

これを利用してファスティングダイエットをして内臓をリセット・リセットさせ、正常に胃腸を動かすようにするといいでしょう。ということでファスティングをおすすめしたいと考えます。

抵抗力アップ効果

人間でも他の動物でもそうですが、例えば病院の無菌室みたいなところに入ってしばらく過ごしていて、外にでると菌やウィルスへの抵抗パワーが弱くなっているために体が悪くなることにかかりやすくなることも考えられることが普通の人よりは高くなります。

昔は泥だらけになって遊んだりしていたりして体も強い人が多かったような気がしたいと考えますが、今は外で泥だらけになる子もあまり見かけなく、どこも清潔なところが多く、さらに抗菌アイテムなどが大量にでているところから見ても抵抗パワーが昔より弱くなっているような気がすると考えます。

抵抗力と言うのは例えばインフルエンザにかかった人が、そのインフルエンザに対する抵抗パワーができるために同じ型のインフルエンザにはかかりにくくなると言ったように、ある程度体に無理がいくことををかけないと抵抗力と言うのはつかないと考えます。

ファスティングダイエットに関して言うと、ファスティングをすると白血球の数が増えるみたいで、白血球が増えると病原体と戦ってくれる数が増えると言うことになりますので、抵抗パワーが強くなると言うようになります。

抵抗パワーが増すと体が悪くなることになりにくいために健康になるという関係性が出来上がるため、ファスティングをすると健康になれると言うことに繋がってくると考えます。

ファスティングダイエットは体重を落とすし健康にもいいのですがです。しかし、間違ったやり方で実行するとなんの意味も効果もないのです。間違いのないやり方、自らに合ったやり方でファスティングをして健康を手に入れてみてはいかがでしょうか。

花粉症への効果

花粉症とファスティングダイエットには意外にも効き目があることが分かっていて、通常花粉症対策を考えるときは花粉を自らの回りから排除するやり方や、花粉による被害を少なくすることを考えますが、このサイトでは腸を活性化させ免疫力を高めル効果で花粉症対策をすると言うように考えます。

腸と言うのは人体の中の免疫器官でもあるのです。考え方としては腸を元気にしたりきれいにしたりすることで免疫力を高める事ができ、免疫パワーがアップすると花粉症にもかかりにくくなる効果があると言うような感じになります。

その意味するところに、アレルギー性の鼻炎のときを例に挙げてみます。鼻炎になると鼻水や痰がでるようになり、それを外に出さないでいると飲み込んでしまって体の中に取り入れてしまいます。そうすると、鼻水の中に含まれている花粉が腸に入り込み、そこから体の中に入ってくるということになります。

この体の中に入った花粉が、体の中でアレルギー反応を起こし、腸にある粘膜を傷つけてしまい、花粉症となってしまうのです。

ですから、このアレルギー反応の元となる菌を腸内に取り込まないようにする。つまり外に排出してしまえば花粉症の反応は出なくなると考えます。そのためには、ファスティングダイエットをして腸内をきれいにし、腸内にある菌を外に排出させるようにすればいいという訳です。

というように、花粉症にファスティングが効き目あるというその意味するところが分かったでしょうか?無理する必要はないですし、効き目には個人差があると考えますが、試しに実行してみてはいかがでしょうか?

体のだるさを取る効果
ファスティングダイエットをして体のだるさを取る効果が期待できるって知っていましたか?

例えば好きなことをしているときって夢中になっているので、何も食べたり飲んだりしなくても、寝不足になったとしても疲れもあまり感じず、結構平気で気力で頑張れますよね。

その後、それが終わると一気に体が疲れたり脱力感に襲われたりしたいと考えますよね。

これは一体どういうことかと言うと、人間が動く事ができるためには細胞に血液中に含まれる水分・栄養・酸素が送り込まれればいいので例え食べ物を取らなくても胃腸に血液が送り込まれないだけで、その分を脳や筋肉に血液を送ることができれば問題ないことなように出来ています。

その後、ご飯を食べると今まで行かなかった胃腸に血液が行くようになり、代わりに脳や筋肉に血液が行かなくなるので動くパワーが半減すると言うことになり、疲れたと感じるようになります。

これを踏まえると、ファスティングダイエットをすると胃腸に血液を送らなくてもよくなるために、脳や筋肉が活発になり体のだるさが無くなるというようになります。

そのうえ、これと同じようにファスティングをすると頭の回転が早くなります。これもファスティングをすると胃腸に行くはずの血流が行かず、頭への血流に回ってしまうため脳の働きが良くなると言う図式が成り立ちます。

このように無理のないファスティングはだるさを無くしてくれたり頭の回転をよくしてくれたりしたいと考えます。従って血流もよくなり、引いては脳梗塞、ボケなどの予防の効果が期待ができることになるかもしれません。

睡眠が短くなる
睡眠と言うのは一日の体の疲れを癒し、次の日の活力を充電するためのもの。ちょっと難しく言うと、体の中にある細胞は起きている間一日中働いています。細胞が働くと老廃物が体の中にたまります。睡眠で一日働いてくれた細胞の疲れを癒したり、たまった老廃物を体の外に排出したりできます。

人間にとって睡眠とはかなりポイントなものなのです。

そのうえ、食べ物などをすると胃腸に無理がいくことをがかかります。その無理がいくことをがかかった胃腸を睡眠で休ませてあげて疲れを取ります。

こう考えるとたくさん食べたときに急速に眠くなると言うのは、胃腸にたくさん無理がいくことをがかかったので「休め」と指示されているからだと言うことが分かりますよね。

逆に考えると、食べ物量を少なくすると睡眠時間が少なくても問題ないことだと言うことに繋がるかもしれませんね。

そのうえ、ファスティングダイエットをすることにより食べ物の栄養の効率がよくなります。

食べ過ぎると食べ物の栄養が不完全燃焼するために余分な栄養が体の中に残り、血液を汚してしまい、結果体が悪くなることの原因にもなったりしたいと考えます。しかしファスティングをすることによりそれまでに食べていた栄養分も残らず燃焼され利用されるのできちんと体の熱にもなるし排泄もされるようになります。結果体が悪くなることにもなりにくくなります。

アルコールを取り込んでいる人にも嬉しい情報で、ファスティングダイエット(朝食を取らない)をすることによって前日に残ったアルコールもきちんと体の中で利用して燃焼してくれるので二日酔いもしにくくなる効果があるというのです。嬉しいですよね。



一押し記事一覧