食事で短期間で体重を落とすには、どんなダイエット方法や食事メニューがあるの?

短期間で体重落とすには、まず食事の方法を改善する事が必要です。食事メニューを変えるというと、一般的にはカロリー制限をしてこんにゃく、豆腐、サラダなどを食べることですが、それでは短期間でダイエットは成功できません。

大抵の人はカロリーの摂取量を減らしてしまいます。食事によるカロリー補給が少ない状態が続くと、環境的な問題が発生したと判断した人間の体は代謝を低下させます。
そうなると、体は低カロリー環境に対応しようとするため、食事を減らしても体重が減りません。

短期間で体重を落とすには、肉や油類を一切取らないといった食事メニューはおすすめできません。

説明してしまうと、カロリー計算など面倒になってしまいますので、一番簡単な食事で短期間ダイエットでの朝食、昼食、夕食の食事メニューをご紹介しましょう。

すぐ痩せるためには、

朝ごはんはパンやご飯など炭水化物とくだものの食事をしましょう

昼ごはんは普通に1食分を摂取してください。
気持ち炭水化物を減らすといいかもしれません

夕食のポイントはカロリー控え目、野菜は多め、炭水化物は抑え気味。
食事後の活動量が少ない夕食で、たくさん食べてはいけません。

食べる時間にも注意ですね。

もしも、従来までの食事量が多く、血糖値が充分高くならなければ満腹中枢が機能しなくなっているなら、一層の注意が必要になります。

1日3回、腹八分目で満足できるような食習慣をつくることが大事です

お腹が苦しくなるくらい食べるのが普通と考えていては一向に痩せられません。体を低糖質に慣らすことが、短期間で体重を落とすダイエット食事方法の第一歩です。

短期間ダイエットの食べる時間のポイント
短期間で体重を落とすには、大切なのは、食事の時間帯です。
生活が不規則な方は、どうしても深夜の時間帯に夕御飯を取ることが多くなってしまいますよね。

主婦の方でも、旦那様の帰りに合わせると、どうしても8時9時といった時間になってから晩御飯、ということも多いと思います。

しかし、夜は摂ったカロリーが、ほぼそのまま脂肪になってしまうそうです!

ダイエット中は、できれば夜8時までには食事を済ませてしまいましょう。可能であれば、6時くらいには夕食を終わらせて、後は何も食べない!

これは、昔太っていたけど今はダイエットに成功したという、某歌手の方のブログにも書かれていたダイエット法だそうです。お腹が減ったらお茶やお水を飲むようにしてください。歯磨きも効果的だそうです。

そして、朝食と昼食はしっかり食べるという風にすると、体が朝型のリズムとなって、健康的に体重を落とすことができるそうですよ。

日中は基礎代謝でカロリーを消費するので、朝ごはんと昼ごはんはガッツリ食べてもエネルギーが消費されます。

夜は体が寝るモードに入ってしまうので、エネルギーを保存しようとするそうです。ダイエット中は、朝昼しっかり食べて、夜控える!このリズムを大切にしてくださいね。



一押し記事一覧