3日間の短期間ダイエット、週末プチ断食の効果や体重を落とす方法

人間の身体は、エネルギーを備蓄するために体脂肪をためようといます。
まら、体脂肪以外にも、グリコーゲンとして肝臓や筋肉にエネルギーをためています。
そして、栄養が不足した場合に、グリコーゲンなどのエネルギーを優先的に使おうとします。

だから、余分な体脂肪を減らすには、グリコーゲンなどの備蓄されたエネルギーを、まず使い切ってしまうことが先になります。
そこで、肝臓、筋肉、そして血中の栄養すべてを使い切って、最後に残された体脂肪をもっとも効率よく燃焼させるには、断食することが最適だそうです。

断食は多くの宗教で行なわれているように、精神修養にとっても大きな役割を果たします。

ちかごろの研究からは、断食をすることで、免疫システムが増強されたり、ストレスをためにくくなったり、リラックス感を得たりする効果があることがわかっています。

ただ、長期間の断食をすると、エネルギーの供給が体脂肪では追いつかなくなり、エネルギーとして体内にあるたんぱく質、つまり筋肉が使われてしまいます。
そうなると、筋肉が落ちてしまい、リバウンドの原因となるので、2日を超える断食は行わないようにしましょう。

おすすめの断食方法は、
1日目が断食の準備日、2日目が断食本番、3日目が復帰の日、と3日間で段階的に行う断食法です。
この方法なら健康を損なうこともないですし、金曜日に準備をして、土曜日は断食を行い、日曜日は復帰、と週末を利用すれば、毎週行なうことができてとても効果的です。

週末プチ断食方法
正しい「プチ断食」の進め方を具体的に披露します。
「プチ断食」は3日間で行なうので、土日休みの人は、週末を利用すると良いです。
それでは、金曜日から始めるとして、説明していきます。

まず1日目の金曜日は、「予備断食」とします。
1日目から急に何も食べずに、お腹の中を空っぽにしてしまっては、胃が傷ついたり、ムカついたりします。
2日目の本断食がスムーズに進められるために、次のことに注意してください。
昼食は、お腹いっぱい食べずに、腹八分目までにしましょう。
夕食は、寝る3時間前には済ませて、いつもの半分程度の量にしてください。
1日を通して、いつもより多めの水分を摂るようにしてください。
また、お酒は控えましょう。

2日目の土曜日は、いよいよ「本断食」です。
水以外のものは何も食べたり飲んだりしてはいけません。
断食をすると、一時的に血圧や血糖値に低下することがあるので、激しいトレーニングはしないでください。
ゆっくりと散歩したり、公園やお部屋で読書をしたりして過ごすと良いでしょう。
また、脱水状態になりやすいので、いつもよりも水を多めに飲むようにしてください。
しっかりと予備断食を行なった人は、お昼を過ぎた頃に、脂肪燃焼システムが働きだしたことを感じるかもしれません。

3日目の「復帰」の時期は、もっとも断食において重要となります。
より体重を落とす効果を上げるためにも、朝食はお粥一杯を、よく噛んでゆっくりと食べましょう。
朝食を摂る前に、散歩を軽くするくらいの気持ちをもてると良いです。
断食したことによって、味覚や嗅覚、視覚などが敏感になっているので、梅干一粒とお粥一杯だけでも、驚くほどおいしく感じると思います。
なお、この日の昼食と夕食は、いつもの半分くらいの量にしましょう。
ここで思いっきり食べてしまうと、せっかくの断食の効果が台無しになってしまいます。

「プチ断食」はたった3日間の短期間ですが、修行した気分になり、きっと心も身体も心機一転できますよ。



一押し記事一覧