短期間ではないけど簡単な部分痩せにも効果が期待できる体重を落とすための痩せる体操

簡単な和田式ダイエット体操などの効果を上げるためのやり方

いったい和田式ダイエットでの痩せる体操とはどのようなものなのでしょうか。
最近、家で出来る簡単な痩せるトレーニング方法のいろいろなものが話題となっています。

以前から簡単に痩せる方法として知られているのは、
和田静郎氏の考案した和田式ダイエットです。

和田式ダイエットの体操は、
ジムやスポーツクラブで行われているトレーニングとは多少異なってきます。

生体反応理論を応用して皮下脂肪を消費させるために、
やせたい部分の筋肉に最大のパワーを意識してかけることが、
和田式の痩せる体操の特徴だといわれています。

和田式ダイエットの体操は、1週間に1回のみ行うことになっています。
体操の目的はやせる体づくりをアップしていくことですので、
体操だけでやせることができてしまうのか?
と思ってしまうかも知れませんがそれが可能なになるのがこの方法です。

激しいトレーニングは一般的に考えられているように、
和田式の場合は運動そのもので脂肪を燃焼させる訳ではないので必要ないといいます。

和田式ダイエットは健康法としても知られ、
家で出来る食事、体操、入浴、仕事、休息の5つのルールによって組み立てられています。

☆入浴は体操とセットになっており、体操後に45分間の入浴法< ☆十分に睡眠時間をとる

☆食事の摂取は1日2回、9品目からということになるレシピ

決して難しい運動ではなく、1つ1つのルールは簡単な体操となっています。

ダイエットの土台となる体を作り、効果が上がる簡単な運動と
しっかり睡眠時間を取ることによって、理想的な体型を作ることを目的とした体操そすることが
和田式ダイエットの特徴です。

モムチャンダイエットの痩せる体操の効果

momuchandiet
韓国のカリスマ主婦が考案したの痩せる方法が、
モムチャンダイエットという体操の中でも人気の痩せる体操です。

韓国では一大ブームを巻き起こし、日本でも注目されています。
モムチャンダイエットは単に脂肪を減らして体重を落とすやり方ではありません。

美しい筋肉に脂肪を変えていくというもので、一定の負荷は筋肉にかけるようです。
目標としているのは、モムチャンダイエット体操を継続して行うことで
ただやせるのではなく、健康的な美ボディを手に入れることです。

モムチャンダイエットの目的は、決して無理はせず、
楽しく体操をしながらきれいなボディラインを作ることなのです。

筋肉が女性らしい体を作るためには重要という視点が、
モムチャンダイエットの場合の基本となっています。

筋トレを基本とした簡単な体操で組み立てられています。
販売されているDVDを家で鑑賞しながら痩せる体操をするだけなので、
誰でも簡単に取り組めます。

体操には有酸素運動、筋トレ、ダンス、マットの4タイプがあり、
その日の気分や体調に合わせて好きな体操を選択するようにできています。

女性はすぐに短期間で早くやせると焦って、ついカロリー摂取制限に頼ってしまいますが
体重を減らすには、ただ単純に食事を減らすだけだと、
胸や腕がやせることで貧相になったり、リバウンドの原因となることが考えられ、
体に負担がかかるだけでないデメリットがあります。
美容にも健康にもいい痩せる方法が、体操で健康的に体重を落とすことでできるでしょう。

足を細くするじゃんけん体操


足を細くする体操といってもあれこれとあるのとは言っても足のパーツによっても体操のタイプは違っているかもしれないですよね。

たとえばふくらはぎをメインにしている足を細くする体操になるとふくらはぎを動かすような行動の体操がメインになると思うのです。

ふくらはぎの筋肉が頻繁に動けばそれによってふくらはぎにたまっている水分というのは体のトータルに流れていきますからむくみを克服させたり老廃物を克服することにつながります。

足を細くする体操をするときには足に効き目が出ているイメージをしながらキビキビと動かすのが効き目があるのです。せっかく足を細くする体操をしているのにもかかわらず、足を気にせずに行っていたらもったいないですね。
楽チンにできるやり方を自らで見つけていつも継続する、また足を気にするということがポイントなことです。

たとえば案外誰にでもできるような簡単に痩せる体操としては

足のじゃんけんが推薦です。

足でじゃんけんをすると血の流れが案外良くなりますから、そのことから血液の流れもスムーズになって新陳代謝もアップします。

他にも一日立ち仕事の人や主婦などがキッチンに立っている時に
足を細くすること体操をするときには

踵を上下させるという体操も

それだけでもふくらはぎに効き目が出てきますし、足を細くすること体操の一つになると思うのです。案外足を細くすること体操というのは面倒に思えるかもしれないかもしれないのとは言っても小さなことをいつもちょっぴりずつ行うだけでいいので、いつもできるだけ継続して行うことを注意することて頑張って足を細くすることを実現させられるといいですね。

簡単ゆっくり体操!スロートレーニング方法やそのダイエット効果とは

s-hukurahagi_640
ゆっくり体操というダイエット体操がありますが、スロートレーニングという名称もあるゆっくり体操は、
代謝アップさせて体重を落とすことを目的としています。

1日10分、週に3回程度という、忙しい人にぴったりなスロートレーニング方法です。
特にゆっくり体操は、筋肉を成長させる為に筋肉を休ませる必要があります。
週3回という回数設定も、良いところといえます。

体操では動作を急がずに、
ゆっくりと行うことで逆に筋肉を強くしていきます。
筋肉を増量することによって代謝アップを目指しています。

普通、筋力トレーニングや体操など身体を動かす時は
意外に速いペースで行っています。
ゆっくり体操は、意識してゆっくりと動く事によって、
鍛える部位にゆっくりと負荷をかけていくので確実に痩せる事ができるのです。

ゆっくり体操のスロートレーニング方法は、
基本的に腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を
ゆっくりやるというものです。
体に負担をかけず、鍛えたい筋肉に的確に力を入れることができます。

太極拳やダンベルで行うものもあります。
継続して行うことで少しずつ痩せるというものです。
短期間で痩せたいという人には適さない方法です。

日頃忙しいという人や、
運動が得意でないという人でも少しずつ実践することが可能です。
ゆっくり体操は筋肉を増やし基礎代謝を上げることで、
毎日少しずつ体重を落とすことが可能です。

部分痩せに効果がある簡単なダンベル体操

danberu640

二の腕や脚などの部分痩せを望んでいらっしゃる方には、ダンベル体操で痩せる方法が比較的適しています。痩せる事に効果的な運動は体脂肪燃焼する有酸素運動であり、ダンベル体操なら手軽に有酸素運動ができます。この体操のいいところは、自分の好きなタイミングで家で簡単にできることです。

ダンベル体操での痩せる方法のコツは、正しいダンベルの使い方を覚えることです。
漫然と上下させているだけでは運動になりません。手首に負荷がかかるような持ち方でのダンベル体操は厳禁です。

心もち手首を内側に曲げるようにしながら、しっかりとダンベルを持ちましょう。どのようなどうさでどの部分の筋肉の運動になるのか、把握した上でダンベル体操をすると効果的です。

足が痩せる事が目的ならダンベルを両手に掴み、その状態を保持したままで足を曲げ伸ばしして
上半身を上下に動かすことによって、太ももの筋肉を動かすことで効果が期待できます。
腕や腰に余計な負荷をかけないように、体操中の焦りは禁物ですよ。

二の腕を痩せることが目的のダンベル体操で、二の腕のシェイプアップ効果が期待できます。
両手にそれぞれダンベルを持ち、前方に腕を伸ばし、5秒間数えてから腕を曲げるというものです。

1日にするダンベル体操、大体20回くらいを目標として行うといいでしょう。

一朝一夕で変化はないかもしれませんが、3ヶ月程度は毎日続けてみると部分痩せに効果的です。

ダンベル体操が続けにくいという最初のうちは運動量を減らすのも方法です。大事なことは続けることですから、うまく折り合いをつけていきましょう。

身近なラジオ体操も痩せる体操です

ラジオ体操でも痩せる事が出来るのです。子どもの頃にラジオ体操を経験したことがない方は少ないと思います、大人になっても行っている人は多くはないでしょう。

でも、ラジオ体操は、体重を減らすことにも効果的な体操方法であることをご存知でしょうか。ラジオ体操がダイエットに効果的な理由ははっきりしています。

ラジオ体操が全身の筋肉をまんべんなく活性化させる運動だからです。

単に筋肉を動かすのではなく深呼吸をしながらのラジオ体操はストレッチ運動やヨガの動きも取り込まれており、

痩せることにいい体操といえます。血の巡りを良くし、細胞の再生に一役買うことも、ダイエットにいいといわれるゆえんです。ラジオ体操で早起きが習慣づくという点でも痩せる事に向いてますね。

規則正しい生活をすること、起床後体を動かし血流を良くすること、どちらも体重を減らすためのサポートしてくれます。淡々と体を動かすだけの簡単な運動ではモチベーション維持が難しいですが、ラジオ体操は専用の音楽に合わせて体を動かすという体操という特色があります。ラジオ体操特有のリズムに乗って体を動かすことは爽快感があり、継続が楽になると言われています。

ラジオ体操を利用して痩せようという人は増えてきており、ラジオ体操DVDの販売も順調のようです。
きっかけは子どものラジオ体操だったけれど、始めてみたところダイエットがスムーズに進み、3キロ減という結果を得たという方もいます。

早起きが苦手な方は、就寝前にラジオ体操を行うことをおすすめします。寝る前の軽い簡単な運動は質の良い睡眠へとつながります。ラジオ体操は、痩せる目的だけではなく、寝付きの悪い方にも試していただきたい痩せるための体操です。

1日たった3分の簡単に痩せる方法

効果的な運動で痩せる体操やストレッチとしてよくあげられるのは、
適度な有酸素運動ではないでしょうか。

簡単に出来る家で痩せる体操方法だとしても、
有酸素運動のエクササイズやエアロビクスをイメージする人が大部分です。

最近紹介された簡単に痩せる方法によると、
有酸素運動のみを行う体操やストレッチだけのやり方ではないのです。

もっと効果的に簡単に痩せるが、
有酸素運動に無酸素運動を組み合わせた体操だといわれています。

考案したのはアメリカのクレイガー博士で、
交互に30秒ずつ有酸素運動と無酸素運動をトレーニングするものです。

有酸素運動は20分以上続けなければ、痩せる効き目が少ないと
元来は言われていたようですが、なかなかまとまった時間が作れずに
体操やストレッチができなかったという人もたくさんいたのではないでしょうか。

クレイガー博士の理論によると、
有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に行うことで、
たった3分の体操で、簡単に痩せることが期待できるといいます。

無酸素運動を30秒行うことで心拍数がアップし、全身への酸素の供給量が増えます。
脂肪燃焼効果をトレーニングによって効果をあげていくために、
体内への酸素の供給量を多くしてから有酸素運動をやっておくものです。

やり方です。

両手を上に上げて行うバンザイスクワットを無酸素運動として30秒
その場での足踏みジョギングを30秒が有酸素運動

3分間それぞれを交互に行うだけで痩せる体操になるのがその具体的な方法です。

基本的には他の体操やストレッチと同様に痩せるために毎日続けることがポイントです。
1日たった3分の家で簡単に痩せる方法ですが効果が期待できますね。



一押し記事一覧